MODEL YEAR;1989,
LENGTH×WIDTH×HIGHT;4300×1785×1310mm,
WHEEL BASE;2280mm,
TRACK;1430(F)/1450(R)mm,
WEIGHT;1300kg,
ENGINE TYPE;FLAT-6,SOHC
BORE×STROKE;97.0×70.4mm,
CAPACITY;3281cc,
MAXPOWER;330PS/5300rpm,
MAXTORQUE;38.9kg/4250rpm,
SUSPENSION;STRUT(F)/SEMI TRAIRING ARMS(R)
炸裂する加速で世界を席巻した未曾有のモンスターターボ
 '73年のフランクフルト・モーターショーのポルシェブースには、前後のフェンダーが大きく張り出した迫力ある911が展示されました。「930ターボ」と呼ばれるこの911のプロトタイプは、280PSを絞り出すターボチャージャー付きのフラット6ユニットを搭載し、最高速度は280km/hと発表され、大きな話題となりました。

 翌'74年のパリ・サロンで正式にカタログモデルとして発表された「930ターボ」は、260PSを絞り出す3Pターボユニットを搭載し、最高速度250km/hを達成しました。その後、「911ターボ」と改名し、ターボバージョンは911のフラッグシップとしてファンに認知されることになります。ロープロファイルタイヤをクリアするワイドな前後フェンダーとトレイ状の大型リアウイングがトレードマークです。70年代に活躍したグループ4ホモロゲ仕様の934、グループ5の935は、超スペシャルなターボモデルといえるでしょう。

 1978年モデルからは3281ccに排気量が拡大されるとともにインタークーラーが装備され、パワー、トルクは265PS、40.3kgとなりました。カタログ上は、1978年が「ターボ」、1979年が「930ターボ」、1980年が「911ターボ」となっていますが、基本的には変更がありません。
(イラストは1989年式911ターボS。330PSにチューンアップされたエンジンを積み、足廻りも強化されたスペシャル・バージョン。)

車/スーパーカーの絵:controlbar
ポルシェ 911 ターボ S 2/2