車/スーパーカーの絵:
車/スーパーカーの絵: MODEL YEAR;1984,
LENGTH×WIDTH×HIGHT;4485×1976×1130mm,
WHEEL BASE;2550mm,
TRACK;1518(F)/1660(R)mm,
WEIGHT;1506kg,
ENGINE TYPE;V12DOHC,
BORE×STROKE;82.0×78.0mm,
CAPACITY;4942cc,
MAXPOWER;390PS/6300rpm,
MAXTORQUE;50kg/4500rpm,
SUSPENSION;DOUBLE WISHBORN(F/R)
MAX SPEED;290km/h

車/スーパーカーの絵: 512BBの後継モデル、
最後のミドシップ・フラッグシップ。

 BBシリーズの後継車として、1984年のパリ・サロンで発表された新世代12気筒車がこのテスタロッサです。
 イタリア語で『赤い頭』を意味し、'50年代にフェラーリがワールド・スポーツカー・チャンピオンシップへの参戦を目的に開発した、『250テスタロッサ』をルーツとする、いわばフェラーリ伝統の車名なんです。
 ピニンファリーナによるスタイリングは、BBシリーズの時代からは一変し、左右のドアからリアフェンダーにかけてはラグジュアリーなフィンが備えられるようになりました。ただし伝統の鋼管スペースフレーム上に配置されるメカニズムには、それまでのBBと共通する部分が多いのです。
 エンジンはもちろん180度のバンク角を持つV型12気筒DOHC48バルブ。トランスアクスル上にそれを配置しているのもBB時代と変わりません。(ちなみに最高出力は390PS)
 そしてテスタロッサは、その後89年にはマイナーチェンジ版の512TRに、そして94年には最終進化型のF512Mへと発展を遂げ、BB以来の180度V12ミドシップの歴史は終焉を迎えることになりました。

風洞実験室で生まれたデザイン。
 BBが開発された頃には、すでに空力の重要性は充分に理解されていましたが、ピニンファリーナの工場に実車を入れることができる本格的な風洞が完成したのは1972年だったため、BBの開発には間に合いませんでした。そういう点ではテスタロッサこそが、最初に風洞実験室によって生まれた最初のフェラーリと言えるでしょう。
 テスタロッサのCd値は0.36といわれています。BBのCd値は約0.37といわれていますから、それほど大きな進歩とはいえないような気がします。しかし、実は、テスタロッサのデザインは、空気抵抗を下げるというよりはリフト量を下げることに努力が注がれていました。
車/スーパーカーの絵:
車/スーパーカーの絵:controlbar
フェラーリ テスタロッサ 2/2